SharePoint リストの InfoPath フォームを利用した勤怠管理

今回は SharePoint リストとリストの InfoPath フォームを利用した勤怠管理 Web パーツの作成について記載したいと思います。
作成方法は少し手間がかかるので、何かしらの執筆で記載したいと思いますが、グループウェアなどでよくある勤怠管理の要望に対して開発無しで以下の図のようなことが可能です。下記のイメージを見て実装方法を試してみていただければと思います。

1. 勤怠管理 Web パーツの出勤時の状態です。

2.「新しいアイテムの追加」をクリックし入力フォームを開きます。


3.「出勤」ボタンをクリックします。
「出勤」ボタンがグレーアウトし時間の入力項目は編集不可となります。

4.「送信」ボタンをクリックしリストへの投稿をおこないます。

この Web パーツは当日でかつ自分の情報を表示するフィルタを用いて自分自身の勤怠情報を表示しています。
例では「タイトル」は日付とユーザー名の組み合わせで命名規則を作成しています。

5.退勤時の処理
「タイトル」のリンクをクリックしフォームを開き「アイテムの編集」ボタンをクリックします。

6.「退勤」ボタンをクリックすることで、「退勤」ボタンがグレーアウトし時間の入力項目は編集不可となります。

7.「送信」ボタンをクリックしリストに投稿します。

SharePoint のリストの基本機能と InfoPath を利用するだけでこのような簡易勤怠管理の処理をおこなうことができます。
このような勤怠管理以外にも、SharePoint の基本機能を組み合わせることでビジネスロジックを実現することができます。手順の詳細は長くなるので割愛しておりますが、手順が必要な方はコンサル依頼(有償)していただければと思います。<m(__)m>

広告

Access Services に発行した Accdb を SharePoint サイトの関連付けから外す方法

大変、ご無沙汰しております。小山です。

最近、Facebook にはまっており、そちらの更新が頻繁になっておりまして、失礼いたしました。

ネタは山ほどあるので、リハビリも含めて少しずつ書いていければと思います。Office からだいぶ外れるかもしれませんが、ご容赦くださいませ。m(__)m

さて、今回は Access Services に発行した Access データベース(Accdb)のSharePoint サイトからの関連付けを外す方法についてです。
少し分かりづらいので、画面付きでご紹介したいと思います。

Access Service として発行した Accdb は以下のように SharePoint サイトとして関連づけられています。通常はこのデータベースを SharePoint サイトと関連付けたままローカルで編集します。
ご覧のようにどこでローカルに保存するのか分かりません。

ここで左側のナビゲーションメニューから「保存して発行」をクリックします。「データベースに名前を付けて保存」を選択後、「ローカルデータベースとして保存」をクリックします。
データベース保存のダイアログボックスが表示されますので、任意の場所にデータベースを保存します。

保存後、以下のように SharePoint サイトとの関連付けが外れ、任意の Access Services に発行できるようにメニュー画面が変わります。

という感じで1回発行した Access データベースは関連付けを外すことができれば再利用できますので、皆様もお試しください。

VSTO MVP 再受賞いたしました。

VSTO MVP を再受賞いたしました。
MS 退社時からの志である Office によるソリューション開発提案や設計・構築をおこない続けてきてよかったと思います。

この分野はまだまだ延びる分野であると思いますし、ビジネスの可能性も大きい分野だと思います。
また、時代の変遷に揺さぶられている MS にとっても、最後の砦であると思います。
今回の受賞は、その責任の一助を担っているものとして、真摯に役割の重さを受け止め、今後も Office 開発に携わっていきたいと思います。

また、今回の受賞は、案件やセミナーなどを通し、関わらせていただいた方々のお蔭でもあると思います。
この場を借りて、御礼申し上げます。

ありがとうございました。

「SharePoint 成功の道標」始めました。

震災の影響で発売が延期になっておりました。

「SharePoint 成功の道標」が発売になっています。

MS さんの SharePoint の製品紹介のページにも紹介されております。
http://sharepoint.microsoft.com/ja-jp/Pages/default.aspx

執筆者は、SharePoint シーンの第一線でご活躍されている方々なので、システム管理者、サイト管理者の方々に何かしらお役に立てる内容が記載されているかと思います。
皆が魂込めて書いた書籍ですので、是非、ご一読いただければと思います。

大量購入の場合は、直接、下記にご連絡いただければと思います。

ジョルダン株式会社 営業推進部 TEL03-5369-4051

Web 版 「プログラマ的Excel使いこなし術:VBAアプリとVisual Basicアプリを連携させよう」

昨年の日経ソフトウェア11月号に寄稿した「プログラマ的Excel使いこなし術:VBAアプリとVisual Basicアプリを連携させよう」ですが、日経IT Pro で公開されました。

「プログラマ的Excel使いこなし術:VBAアプリとVisual Basicアプリを連携させよう」http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20110405/359100/?ST=develop&P=1

Excel 業務で利用される VBA の処理が、システム化した場合の対処として、Excel アプリケーションの .NET 化があげられますが、Excel VBA の .NET 化に関する方法や注意事項について記載しておりますので、ご確認ください。

※SharePoint 書籍は、現在、最終校正中です。発刊が遅れていてすみません。<m(__)m>

【お詫び】「SharePoint 成功の道標」発売延期について

表題の件ですが、「SharePoint 成功の道標」の発売が延期になりました。

当初、3/25 日を予定しておりましたが、東北関東大震災の影響により、校正および製本スケジュールに遅れが発生しております。

現時点での発刊日については、明言できませんが、1ケ月ほど遅れる予定です。

発刊の目途が立ち次第、このブログやジョルダンブックスサイト(http://book.jorudan.co.jp/syoseki/)でご案内予定です。

お待たせして誠に申し訳ございませんが、今しばらくお待ちください。

よろしくお願いいたします。

「SharePoint 成功の道標」 ISBN 取れました。

3/25 発刊の「SharePoint 成功の道標」のISBN コードと価格が決まりました。

価格:4900円(税込)

ISBN コード:978-4-915933-36-3

以下のジョルダンブックスの新刊一覧には、準備が整い次第、掲載いたします。

http://book.jorudan.co.jp/syoseki/

書籍のデザインのコンセプトは、SharePoint の S とInfinity(無限)を掛け合わせています。

中心には、花(葉)と実を置いていますが、SharePoint で実現できる顧客要件を現わす複数の要素(ポータル、文書管理、検索、EUC、システム連携、ワークフローなど)を現わしています。花びらが緑なのは、Infinity が赤系のオレンジだからですね。

この書籍を読んでいただき、まずは、身近な業務から、SharePointを利用いただくことで、SharePoint導入の本来の目的である利用者主導の業務環境( SharePoint EUC)を実現できますよという著者一同の願いが込められています。

今日はここまで。3/25 日発売をご期待ください。