【Word 2010】Word 2010 の新機能「保護されたビュー」

インターネット上の doc ファイルを開こうとしたら以下のエラーが発生しました。

以前のメールに添付されていた Word のファイルでも同様の事が起きていたので、何か共通の理由があると思い、Word 2010 のオプションなどを触っていたのですが、解決できず、たまたま、ファイルのプロパティを見ると普段見ることができないボタンが付いておりました。

「ブロックの解除」をクリックしたところやっと開けました。

いろいろと調べてみたところ、Word 2010 で追加された新機能である「保護されたビュー」という機能が働いていたようです。

「保護されたビュー」の説明を引用してみました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

保護されたビューでは、編集機能が無効な状態でファイルが開かれます。インターネットや電子メールの添付ファイルなどの安全性に不安のある場所から取得したファイルや、マクロ、データ接続、ActiveX コントロールなどのアクティブ コンテンツを含むファイルを、保護されたビューで検証し、開くことができます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

セキュリティ センターの「保護されたビュー」の記載を見ると以下のように結構な制限が働くようです。

詳細は以下をご確認ください。

保護されたビューとは

http://office2010.microsoft.com/client/helppreview14.aspx?AssetId=HA010355931&lcid=1041&NS=WINWORD&Version=14&tl=2&pid=CH010369339&CTT=4

やっと見たい Word ファイルが開けるようになりました。(笑)

広告

About Saiki Koyama (小山才喜)
自己紹介: PCのハードウェア系のサポートやフィールドSEを経験後、2000 年 2 月にマイクロソフト株式会社に入社、 主にサービス部門でプロフェッショナルサポート、プレミアサポートを歴任後、Office系の技術営業に転身し、 エンタープライズ企業向けにVSTOを利用したOffice開発を業務に活かす提案活動を行う。 また、VSTOの啓蒙活動として、Tech-EdやMSDNブログにおいてVSTOを利用した業務と技術を結びつける訴求活動を実施中。 2010年7月度、2011年度7月度 VSTO MVP 受賞中 技術略歴: VSTO、SharePoint Server、Office 互換・展開、Silverlight、 Active Directory、Exchange Server など、MS プラットフォームのインフラから開発までの領域を網羅。 取得資格: VSTO MVP、MCSE for Messaging、MCTS、MCSA など、 約30個ほどの MCP タイトルホルダー

2 Responses to 【Word 2010】Word 2010 の新機能「保護されたビュー」

  1. 淳朗 says:

    CHMでも同様の事がありましたね~

  2. 才喜 says:

    やまちゃんさんコメントありがとうございます。そういえば、そうでしたね。今回、2010 シリーズを初めて触り始めて一番はまったことかもしれません(笑)MS 時代、Office 担当だったので、だいたいの機能拡張はキャッチアップできるのですが、障害なのかなんなのか分かりづらい現象のときはだいたいヘルプ見ないで調べてしまうので、はまってしまいます。それ系の情報があったら教えてください。m(__)m

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。